LINEPay(ラインペイ)カードには、プラスチックカードであるLINEPayカードとオンライン上での支払いに利用できるバーチャルカードの2種類があります。

手元になくてもオンライン上の支払いに利用できるバーチャルカードは簡単に発行することができますが、プラスチックカードであるLINEPayカードも申し込みは簡単に行うことができます。

LINEPayカードはJCB加盟店であればどこでも利用可能なプリペードカード。

LINEPayの行うキャンペーン対象となることも多いLINEPayカードは持っておいて損することはありません。

この記事ではLINEPayカードの作り方についてお話していきます。

 

 

LINEPay(ラインペイ)カードの作り方

LINEPウォレットから「プラスチックカード」を選択

LINEPayカードはバーチャルカードと同じくLINEウォレット内から申し込むことができます。

LINEアプリ内から一番右のアイコン「ウォレット」を選択し(赤枠)緑色の「+」のアイコン(赤矢印)をクリックします。【画像左】

画像はバーチャルカードを発行した状態からLINEPayカードを作るパターンになります。【画像中央】

赤枠部分にはバーチャルカードの下4桁が記載されていますので、クリックしてください。

※バーチャルカードを作成していない状態でもLINEPayカードを作ることはできます。

バーチャルカードの番号をクリックするとLINEPayカードの画面に切り替わります。【画像右】

赤枠の「プラスチックカード」という部分をクリックします。

「プラスチックカード」作成からデザイン決定

「プラスチックカード」をクリックするとアラートメッセージが表示されます。【画像左】

バーチャルカードを発行している状態でLINEPayカードを申し込むと一時的に機能が停止されます。

セキュリティ保護の為、LINEPayカード開始手続きまではオンラインでの支払いはできなくなります。

「確認」をクリックして次へ進みます。

LINEPayカードのデザインを決定します。

好みのデザインが決まったらカードをクリックします。

「名前」「郵便番号」「住所」を入力

デザインが決まったら個人情報を入力していきます。

「名前」「郵便番号」「住所」を入力していきます。

入力された個人情報はLINEPayカードに記載されることはありません。

(LINEPayカードの名前の欄は「LINE MEMBER」となります。) 

LINEPayカードは郵送で届きますので確実に入力してください。

LINEPayカード申し込みにかかる作業は以上となります。

おすすめの記事