財布いらずで決済できるLINEPay(ラインペイ)。

LINEPay

個人間送金などの点からPayPayより利便性が高いこともあり、私のメイン決済方法となっています。

コンビニに行く際もスマホさえ持っていればOK。

お釣りをもらう時間も必要ない為、支払いもスムーズです。

関連記事>>>LINEPay

LINEPayを利用するには、あらかじめLINEPayにお金をチャージ(入金)しておく必要があります。

LINEPayへチャージする方法は6つ。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコードチャージ
  • LINEPayカードレジチャージ
  • コンビニ(ファミマのみ)
  • オートチャージ

中でも便利なのがオートチャージです。

LINEPayのオートチャージは銀行口座の登録さえしていれば簡単にできます。

オートチャージの設定をしておけば、LINEPayの残高が不足することはありません。

いつも利用するコンビニで「LINEPayの残高不足で買い物できない!」というようなことは起こらなくなります。

LINEPayを利用するならオートチャージの設定をしておきましょう。

LINEPayオートチャージ

銀行口座登録

LINEPayでオートチャージの設定をするにはまず銀行口座を登録しておく必要があります。

LINEウォレット

 

LINEアプリを立ち上げたら右上のアイコン「ウォレット」を選択します。

次に「ウォレット」アイコンの下にある、緑の+マークをクリック。

LINEPay チャージ設定

LINEPayの画面に切り替わりますので赤丸の銀行口座を選択します。

LINEPay 銀行口座

自分が利用している銀行口座を選択します。

銀行を決定したら、決定した銀行の口座番号などの情報を入力。

銀行のWEBサイトでも必要な情報を入力し設定完了となります。

LINE公式ブログ>>>銀行口座登録

オートチャージ設定

LINEPay チャージ設定

銀行口座の登録が完了したらオートチャージの設定を行います。

赤矢印の「チャージ」をクリック。

LINEPay チャージ

写真で一番下の「オートチャージ」を選択します。

LINEPay オートチャージ設定画面

オートチャージの設定画面に切り替わります。

初期状態ではオートチャージされません。

オートチャージ右横の長丸をクリックすることでオートチャージできるようになります。

次にオートチャージ条件を設定します。

LINEPay オートチャージ条件

LINEPay残高が設定した金額以下になると自動的にチャージされます。

私の場合はオートチャージ条件を3,000円に設定していますので、LINEPay残高が3,000円以下になると自動的にチャージされます。

オートチャージ条件は1,000円単位での調整が可能。

自分の使い方に合わせた設定をしましょう。

オートチャージ条件を設定したら次はチャージされる金額を決めます。

LINEPay オートチャージ金額自動的にチャージされる金額を設定します。

私の場合だと、5,000円に設定していますのでオートチャージされるのは5,000円ということになります。

例)私のオートチャージ設定

  • 残高3,000円以下
  • チャージ金額5,000円

LINEPay残高が3,000円を下回ったら5,000円が自動的に入金されます。

私がLINEPayを利用するのは主にコンビニになりますので5,000円もあれば十分です。

自分の使い方に合わせて

  • オートチャージ条件
  • オートチャージ金額

の設定をしておきましょう。

コンビニでのチャージ

LINEPayはコンビニでもチャージすることができます。

ファミリーマートであればFamiポートを利用したチャージが可能。

セブン銀行があるATMであれば、スマホをかざすだけで簡単にチャージすることもできます。

オートチャージ設定以上の支払いをLINEPayで行いたい場合には、スポット的にコンビニで入金しても良いでしょう。

おすすめの記事