何らかの事情でLINEPay(ラインペイ)を解約したい場合、LINEアプリ内からの解約作業が必要となります。

LINEPayを解約する時に気になるのが余ったLINEPay残高

ある程度の残高がある場合何か買ってしまうのもありですが、少額の場合は使い切るのが難しいため困ってしまいます。

LINEPay解約時の余ったLINEPay残高はアマゾンギフト券に交換するのがオススメ

アマゾンギフト券であれば16円以上から1円単位でのチャージが可能です。

この記事ではLINEPayの解約方法と解約時における注意点。

余ったLINEPay残高についての取扱について解説していきます。

LINEPay(ラインペイ)の解約する前に

LINEPayを何らかの事情で解約する場合、押さえておきたいポイントがあります。

LINEPayの解約でなくなるもの

LINEPayを解約するとなくなってしまうものがあります

LINEPayを解約するとなくなるもの
  • 220円未満のLINEPay残高
  • LINEPayボーナス
  • 付与予定のLINEポイント
  • クーポン
  • LINEPayカードのデータ
  • 本人確認情報
  • 登録していた銀行口座情報
  • 登録していたクレジットカード情報
  • LINEPay取引履歴
  • 「マイカラープログラム」の履歴·判定情報
  • LINE家計簿などの外部サービスとの連携

解約するLINEPayアカウントに残ったLINEPay残高が220円未満の場合、解約と同時にLINEPay残高も消失します。

220円以上残っている場合はLINEPayの解約ができません

LINEPay残高を出金する必要があります。

しかしLINEPayの出金には220円の手数料が必要となります。

例えば残っているLINEPay残高が221円の場合、220円の手数料を払って1円出金する羽目になるわけです。

LINEPay残高が200円ほどしかないのであれば、何かか買ってしまうかアマゾンギフト券にチャージしてしまいましょう。

アマゾンギフト券へのチャージは16円以上から1円単位で可能。

LINEPay残高が16円未満の場合はいくらかLINEPay残高へチャージして16円以上としたうえで、改めてアマゾンギフト券へチャージすればOKです。

LINEPay残高へのチャージを1円単位で行えるのはアインズ、アインズ&トルペ、LIPS&HIPSのLINE Pay導入店舗。

ただしこの場合はレジでLINEPayカードを提示する必要があります。

また銀行口座であれば100円単位でのチャージが可能です。

なおLINEPayは異なるOS間で機種変更する場合、LINEPay残高は引き継がれません。

この際もアマゾンギフト券へのチャージが有効となります。

アマゾンギフト券にチャージする

LINEPayを解約するとLINEPayカードの情報もなくなる

LINEPayを解約するとLINEPayカードの情報もなくなります。

ただしLINEPayカードを解約してもLINEPayのアカウントは残ります。

LINEPayアカウントを解約したうえでLINEPayカードを使用することはできないわけです。

またLINEPayカードを一旦解約するとカードの再発行には1〜2ヶ月かかりますのでLINEPayアカウント解約時には注意が必要です。

LINEPayの再登録は可能

LINEPayアカウントを解約しても再びLINEPayアカウントへ登録することは可能です。

「解約したけどやっぱり使いたい」と思った場合は気にせず再登録してください。

LINEPayを解約しても残るもの

LINEPayを解約しても残るものがあります。

LINEPayを解約しても残るもの
  • LINEポイント
  • LINEコイン
  • LINEスタンプ

おそらくLINEアカウントに紐づいているものはLINEPayの解約に関わらず残るようです。

なおLINEポイントなどは機種変更時においても引継ぎ可能です。

LINEPayを解約できないパターン

LINEPayは取引中の作業などがある場合解約することができません。

LINEPayを解約できないパターン
  • LINEPay残高が220円以上残っている
  • LINEほけん、LINEスマート投資に加入している
  • LINEPayカードでの取引が完了していない
  • 送金·銀行振り込みの取引が完了していない

LINEPay残高が220円以上残っている場合は出金するかアマゾンギフト券へチャージしましょう。

LINEほけんは解約、LINEスマート投資はアプリとの連携を解除しておく必要があります。

LINEPayで取引中の作業がある場合も解約ができません。

LINEPayカードでの取引確定には最大で2ヶ月かかることもありますので、取引中の場合は解約できないことを念頭に入れておきましょう。

LINEPayには無料で送金する機能がありますが、相手がLINEPay残高を受け取っていないなど取引が完了していない場合はLINEPayアカウントの解約ができません。

また、銀行振り込みサービスにおいても取引が完了していないとLINEPayアカウントの解約はできません。

取引中の作業がある状態でLINEPayの解約作業を進めた場合、『保留中の取引があるためアカウントを削除できません。履歴ページで取引完了日をご確認ください。』というメッセージが表示されます。

LINEPay(ラインペイ)の解約方法

LINEPayの解約はLINEアプリ内から行っていきます。

LINEPayアプリからはLINEPayアカウントの解約はできませんので、必ずLINEアプリを使用してください。

LINEアプリから「ウォレット」→「LINEPay」→「設定」→「解約」の順でタップしていきます。

まずはLINEアプリを立ち上げ右下にある「ウォレット」アイコンをタップします。

「ウォレット」アイコンをタップするとLINEPayの画面(画像左)が表示されますので「+」の部分をタップします。

(*ここでパスワードか指紋認証を行いますがパスワード機能を「オフ」にしていると表示されません。)

「LINEPay」の詳細画面(画像中央)を下の方にスクロールすると「設定」のアイコンがあるのでタップしてください(画像右)。

「設定」の詳細画面(画像左)から下の方にスクロールすると「解約」のアイコン(画像中央)がありますのでタップしてください。

「解約」画面に切り替わったら(画像右)画面下部にある【解約】をタップしてください。

LINEPayアカウントの解約にかかる作業は以上となります。

解約が完了したらLINEウォレットからLINEPay解約完了通知が届きます。

おすすめの記事