消費税の増税対策として国が掲げる事業が「キャッシュレス·消費者還元事業」。

「キャッシュレス·消費者還元事業」では2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間を対象に、キャッシュレス決済を行うことで2%か5%のポイント還元が行われます。

「キャッシュレス·消費者還元事業」で還元されるものは、使用するキャッシュレス決済によって異なります。

LINEPay(ラインペイ)を使っての「キャッシュレス·消費者還元事業」での還元はLINEPayボーナスで行われます。

「キャッスレス·消費者還元事業」では企業の規模により還元率が異なります。

  • 中小·小規模事業者が経営する対象店舗における還元率は5%
  • 中小·小規模事業者が経営するフランチャイズチェーンの対象店舗における還元率は2%

「キャッシュレス·消費者還元事業」での還元に、LINEPay「マイカラープログラム」による0.5%から2%の還元がプラスされることにより最大で7%還元が狙えるわけです。

「キャッシュレス·消費者還元事業」によるLINEPayボーナス還元上限はひと月3万円まで。

LINEPayと名のつく決済はほとんど「キャッシュレス·消費者還元事業」の対象となります。

ただしLINEPay「請求書払い」は「キャッシュレス·消費者還元事業」による還元対象外となっています。

コード決済、オンライン支払いの場合、LINEPayボーナスの付与は決済後即座に行われます。*LINEPay「マイカラープログラム」のインセンティブ変更に伴い、2020年1月1日から「キャッシュレス·消費者還元事業」による還元はLINEPayボーナスからLINEポイントへと変更になります。

LINEPayカード、QUICPayを使っての決済では月末締めで決済翌月に付与されます。

決済方法によってLINEPayボーナスの還元時期が異なるため少しややこしいですね。

「キャッシュレス·消費者還元事業」について

「キャッシュレス·消費者還元事業」は消費税が10%にアップする2019年10月1日から開始され、2020年6月30日まで実施されます。

「キャッシュレス·消費者還元事業」は9ヶ月間という期間限定の事業ではありますが、利用することで日々の買い物がお得になるので内容をしっかり理解しておきたいところです。

「キャッシュレス·消費者還元事業」では加盟店、決済方法によって還元率や還元される特典が異なります。

企業が「キャッシュレス·消費者還元事業」に登録していなければキャッシュレス決済を行なっても還元対象となりません。

また企業の規模などにより還元率が異なるため少しややこしい制度となっているのが「キャッシュレス·消費者還元事業」です。

「キャッシュレス·消費者還元事業」による還元率は専用のポスターで確認することができます。

買い物する際にはポスターに表示されている還元率を参考にしてみてはいかがでしょか。

「キャッシュレス·消費者還元事業」におけるLINEPayでの還元について

「キャッシュレス·消費者還元事業」におけるLINEPay決済での還元はLINEPayボーナスで行われます。

LINEPayボーナスについて

LINEPayボーナスは送金や出金には対応していないためやや利便性に欠けます。

LINEPayボーナスはLINEポイントと同じくLINEPayでの決済に利用することができます。

ただしLINEPayカードでの決済時にはLINEPayボーナスを利用することができません。

LINEPay残高はLINEPayボーナスも含めた金額が表示されるため、いくらLINEPayカードで使うことができるのかわかりにくくなっています。

LINEPayカードでの決済は「キャッシュレス·消費者還元事業」の対象にはなっていますが、残高には注意が必要です。

還元率について

「キャッシュレス·消費者還元事業」では店舗によって還元率が異なります。

中小·小規模事業者が経営するフランチャイズチェーンの対象店舗における還元率は2%です。

中小·小規模事業者が経営するフランチャイズチェーンの対象店舗でLINEPayを使う場合の還元率は2%+マイカラーによる還元率(0.5%〜2%)ということになります。

「キャッシュレス·消費者還元事業」2%+マイカラー(0.5%〜2%)=還元率2.5%〜4%

還元率は最大で4%となります。

中小·小規模事業者が経営する対象店舗における還元率は5%です。

中小·小規模事業者が経営する対象店舗でLINEPayを使う場合の還元率は5%+マイカラーによる還元率(0.5%〜2%)ということになります。

「キャッシュレス·消費者還元事業」5%+マイカラー(0.5%〜2%)=還元率5.5%〜7%

還元率は最大で7%となります。

還元上限について

「キャッシュレス·消費者還元事業」によるLINEPayの還元上限はひと月あたり3万円までとなっています。

「キャッシュレス·消費者還元事業」で還元率2%となる店舗のみで買い物した場合の決済上限はひと月当たり150万円まで。

「キャッシュレス·消費者還元事業」で還元率5%となる店舗のみで買い物した場合の決済上限はひと月あたり60万円まで。

ただし「キャッシュレス·消費者還元事業」が実施される9ヶ月間に還元率5%となる店舗のみ利用するといったことは現実的ではありません。

上限金額を見るとよっぽどのことがない限りは到達しない数字となっていますが参考にしてください。

決済方法について

「キャッシュレス·消費者還元事業」で対象となるLINEPayの決済方法は4つ。

  1. コード決済
  2. オンライン支払い
  3. LINEPayカード
  4. QUICPay

LINEPay「請求書払い」は「キャッシュレス·消費者還元事業」の対象外となっています。

1の「コード決済」と2の「オンライン支払い」については決済後即座にLINEPayボーナスが付与されます。

3の「LINEPayカード」と4の「QUICPay」での決済では月末締めで決済翌月にLINEPayボーナスが付与されます。

LINEPayボーナスが決済方法により異なるタイミングで付与されますので注意が必要です。

1年間還元率3%の「Visa× LINEPayカード」に期待

2020年1月以降に発行される「Visa × LINE Payクレジットカード」は最初の1年間に限り還元率が3%になります。

仮に「キャッシュレス·消費者還元事業」の対象に「Visa × LINE Payクレジットカード」が入れば最大8%の還元が狙えます。

「Visa × LINE Payクレジットカード」3%+「キャッシュレス·消費者還元事業」5%=還元率8%

*「Visa × LINE Payクレジットカード」で3%還元となる場合、マイカラープログラムによる還元は行われません。

「Visa × LINE Payクレジットカード」が発行されるのは2020年1月以降なので「キャッシュレス·消費者還元事業」の恩恵を受けることができる期間が短いですが、LINEPayユーザーとしては少しでも還元率を上げておきたいですよね。

仮に「Visa × LINE Payクレジットカード」が「キャッシュレス·消費者還元事業」に登録されなければしばらくはお役御免のカードになります。

キャッシュレス時代のマストアイテム【楽天カード】

ポイントがザクザク貯まるクレジットカードが【楽天カード】。

2019年10月から始まる「キャッシュレス·消費者還元事業」に向けて、楽天カードはマストアイテムとなります。

今なら新規作成&カード利用で合計5,000円相当のポイントがプレゼント。

2019年10月1日からは楽天ペイの支払う元に楽天カードを設定しておけばどこでも必ず5%還元となるキャンペーンも開催されます。

プレゼントポイントアップ期間に楽天カードを作っておいて10月以降の増税に備えましょう。

おすすめの記事