スマホ決済LINEPay(ラインペイ)を利用するうえで欠かせないのが「本人確認」

LINEPayの「本人確認」のメリットとしては各種サービスの上限金額がアップしたり、送金·出金サービスなど使えるサービスが増えたり、補償額がアップしたりする点が挙げられます。

ちなみにLINEPayは「本人確認」を済ませていなくても利用可能です

決済する分には特に不自由することはないため必ず必要なものでもありません。

 

LINEPay(ラインペイ)「本人確認」について

LINEPay(ラインペイ)で「本人確認」を済ませておくと各種サービスが利用できるようになったり、サービスで利用できる金額の上限がアップしたりと様々なメリットがありますが、そもそも「本人確認」とは何なのでしょうか?

LINEPayの「本人確認」とは、身分証明書などを使用してLINEPayユーザーを特定させることでより安全により便利にLINEPayを使うことができるようにするものです。

LINEPay(ラインペイ)「本人確認」する方法は3種類

LINEPayで本人確認する方法は3つあります。

  1. スマホでかんたん本人確認
  2. 銀行口座で本人確認
  3. 郵送で本人確認

1「スマホでかんたん本人確認」と3「郵送で本人確認」においては顔写真付きの身分証明書が必要となります。

2「銀行口座で本人確認」では銀行口座があれば身分証明書は必要ありません。

LINEPay(ラインペイ)で「本人確認」を済ませるとできるようになること

LINEPayで本人確認を済ませると様々なLINEPayの機能が利用できるようになります。

  1. 送金
  2. 出金
  3. 銀行チャージ

ちなみに本人確認を済ませていない場合でも送金や割り勘の依頼は可能です。

またLINEPayで本人確認を済ませるとLINEPayの各種上限金額が増えます

ただし、本人確認前においてもチャージ·決済ともに10万円までは可能です。(LINEPayカードのレジチャージを除く)

10万円以上のチャージや決済を利用しない方、もしくは送金も出金も必要ない、銀行チャージも必要ない場合は本人確認をしなくても問題はないでしょう。

なおLINEPayで本人確認を済ませると利用者補償の限度額が10万円以上でも対応してもらえるようになります。

補償が気になる方は本人確認を済ませておく方が良いでしょう。

LINEPay(ラインペイ)のセキュリティについて

「本人確認」をしていなくてもLINEPayは安全に利用することができます。

LINEPayは様々な点からユーザーが安心して利用できるようなシステムが設計されています。

  • LINEPay専用パスワード
  • 安全なクレジットカード決済
  • 情報の暗号化
  • 24時間365日のモニタリング体制
  • 利用者補償制度の採用
  • 生体認証「FIDO」の導入

LINE Payでは、不正利用を未然に防ぐため、所定の手続きでの「本人確認」を行っています。

「本人確認」を行うことで、送金や各チャージ、支払いなどの上限金額が引き上げになります。

LINE Pay専用パスワード

LINEPayでは専用のパスワード登録が必要になります。

LINEPayパスワードはLINEのパスワードとは異なるものです。

異なるデバイスでLINE Payにアクセスした際は専用パスワードを利用した認証が必要となるため、悪用されることはありません。

またLINEPayではLINEPayの起動時や支払いなどの利用時に、専用パスワードの入力を求める設定にすることもできます。

仮にスマホを落とすなどしてLINEアカウントに不正ログインされた場合であっても、LINEPayの決済前には必ずパスワード入力か指紋認証が要求されます。

この設定を利用することで、LINEの画面を開いたまま席を外してしまった場合の他社による不正操作を未然に防ぐことができます。

安全なクレジットカード決済

LINEStoreなど一部のサービスでは、LINE Payにクレジットカードを登録して支払うことができます。

LINEPayではクレジットカード登録時にセキュリティコードの認証とVISA、mastercard、JCBが提供するインターネット上の本人認証サービス『3Dセキュア認証』を行います。

独自のパスワードが必要になる3Dセキュアで他者の不正利用を防ぐことができるため安心してクレジットカード決済を使うことができます。

情報の暗号化

LINEPayに登録した銀行口座情報·クレジットカード情報は全て暗号化して保管されます。

支払先の店舗や送金先の友だちにも情報が渡ることがありません。

また、LINE Payは、PCI DSSISO/IEC 27001に準拠し、安全で信頼性の高いサービスを提供しています。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、クレジットカード会員の情報を保護することを目的に定められたクレジットカード業界の情報セキュリティ基準。

ISO/IEC 27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格で情報の機密性・完全性・可用性の3つをバランスよくマネジメントし、情報を有効活用するための組織の枠組みを示しています。

24時間365日のモニタリング体制

LINEPayは不正な動きをするアカウントを検知するモニタリングシステムを導入しており、システムおよび人の目による24時間体制でのモニタリングで悪質な利用や、不正行為の拡大を未然に防ぎます。

利用者補償制度の採用

LINEPayには第三者による不正行為によって発生した損害が補償される制度が導入されています。

送金・支払い・出金など全てのサービスが補償の対象となり、損害額はLINEPayによりカバーされます。

ただし、ユーザーに責任のある場合などは補償の対象外となります。

補償には損害発生時から30日以内の申し立てが必要。

「本人確認」前のアカウント『LINE Cashアカウント』の1事故あたりの補償限度額は原則10万円。

「本人確認」済みのアカウント『LINE Moneyアカウント』」の1事故あたりの損害額が10万円を超える場合は補償限度額の引き上げを個別検討されます。

補償を手厚くしたい場合は「本人確認」は必須となりますね。

スマートフォンを紛失したりLINEPayに不正にログインされ支払いされた場合は補償の対象となりますが、明らかにユーザーに非がある場合(利用規約に反した使い方など)は補償の対象外となります。

補償の申請方法

補償の申請はLINEPay の「お問い合わせフォーム」から行います。

LINEPay お問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712

なおLINEPay の「お問い合わせフォーム」では補償以外の問題(パスワードを忘れた、利用できなくなったなど)にも対応してもらえます。

LINEPayに関して何か困った時はLINEPay の「お問い合わせフォーム」を利用しましょう。

生体認証「FIDO」の導入

LINEPayは、顔認証等の生体情報を利用して簡単で便利に認証をおこなうためにFIDO2への対応を開始。

FIDO2とは専用のソフトウェアやハードウェアを利用せずに、指紋認証や顔認証、虹彩認証といった「パスワードを使わない認証情報」をオンライン上でやり取りできるというものです。

FIDO2の導入はモバイルペイメントアプリとしてはLINEPayが世界初となります。

おすすめの記事