スマホを専用リーダーにかざすだけで決済できる便利なサービスがQUICPay(クイックペイ)。

LINEPay(ラインペイ)においてはLINEPayカードをQUICPay+に紐付けることで決済可能となります。

実はQUICPayは2種類に分けられます。

  1. QUICPay (登録できるカードはクレジットカードのみ)
  2. QUICPay+(登録できるカードはクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード)

一言にQUICPayと言っても微妙な違いがあるわけです。

登録できるカードが異なるQUICPayとQUICPay+。

LINEPayカードは事前にチャージするプリペイドカードに該当するため利用できるのはQUICPay+の方になります。

つまりクレジットカードしか登録できないQUICPayのみを導入している店舗では、LINEPayカードを登録したQUICPay+は利用できないとうわけです。

この記事ではLINEPayカードを登録したQUICPay+が使えない店について解説していきます。

QUICPay(クイックペイ)の仕組みについて

QUICPayは、スマホ等にクレジットカードなどを登録することで初めて利用できるサービスです。

iphone(7以降のシリーズ)であればWALLETアプリからカードを登録するだけで利用できます。

Androidであれば、GooglePayアプリをインストールしたうえでカードを登録することで利用可能となります。

QUICPayに登録できるカードはiphoneであればApplePayAndroidであればGooglePayにより決められています。

ApplePayで登録できなくても、GooglePayで登録できるカードも存在します。

プリペイドカードのLINEPayカードはGooglePayには登録できますがApplePayには登録できません。

 AppleによるとApplePayでもLINEPayカードを利用できるようにするとのことですが、詳しい導入時期等は発表されていません。

QUICPayとQUICPay+の違いについて

QUICPayとQUICPay+には登録できるカードや利用金額に違いがあります。

QUICPay違い

QUICPayとQUICPay+の違い

QUICPayは1回あたりの支払い金額は2万円まで

QUICPay+は1回あたりの支払い金額は2万円以上も可能です。

QUICPay+に登録しているカードがクレジットカードの場合、QUICPay加盟店でも利用できますが利用金額は2万円までとなります。

またQUICPay+に登録しているカードがデビットカード、プリペイドカードの場合はQUICPay加盟店では利用できません。

登録しているカードの利用制限が2万円以下の場合は、カードの利用限度額の方が適用されます。

LINEPayをQUICPay+で利用するには、プリペイドカードのLINEPayカードを登録する必要があります。

しかしプリペイドカードのLINEPayカードを登録したQUICPay+はQUICPay加盟店では利用できません

かなりややこしい設定となるためQUICPay+にLINEPayカードを登録することはあまりおすすめできません。

ポイント
  • LINEPayカードを登録できるのはQUICPay+
  • プリペイドカードのLINEPayカードを登録した場合、QUICPay加盟店では利用できない
  • クレジットカードを登録したQUICPay+が一番便利

LINEPay(ラインペイ)カードを登録したQUICPay+(クイックペイ)を使うことができない店について

LINEPayカードを登録できるのはQUICPay+になります。

QUICPay+はかなり普及してきてはいますが、QUICPayのみが利用できる店もまだまだ存在します。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの「ENEOS」や「昭和シェル」のほとんどの店舗でQUICPayが導入されていますが、QUICPay+は導入されていません。

つまりLINEPayカードを登録したQUICPay+は利用できないわけです。

*クレジットカードを登録したQUICPay+であればQUICPay加盟店でも利用できます

ユニクロ

大手アパレル会社のユニクロではQUICPay+が導入されています。

しかしユニクロのQUICPay+はApplePayのみに対応しておりGooglePayには対応していません

*iD/QUICPay/Suicaは、Apple Payをご利用いただけます。

ユニクロ公式サイトより

「ApplePayでLINEPayカードを登録すればいいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、ApplePayはLINEPayカードに非対応となっており利用することができません。

ユニクロでLINEPayカードを登録したQUICPay+を利用するには、ApplePayがLINEPayカードに対応するか、ユニクロがGooglePayには対応するのを待つしかなさうです。

しかしユニクロはクレジットカード決済に対応しているため、JCBブランドのLINEPayカードを利用して決済することが可能です。

LINEポイントをとにかく貯めたいという方はユニクロでLINEPayカードを利用してください。

*一部店舗ではLINEPayのコード決済が利用できるようです。

LINEPay(ラインペイ)カードを登録したQUICPay+(クイックペイ)を使うことができる店について

ここではLINEPayカードを登録したQUICPay+を利用できる店について解説していきます。

マクドナルド(マック)

マクドナルドではほとんどの店舗でQUICPay+が導入されています。

つまりLINEPayカードを登録したQUICPay+も利用できます。

またマクドナルドが導入している『モバイルオーダーサービス』においてはLINEPay決済も可能です。

ただし『モバイルオーダーサービス』でLINEPay決済を行えるのは(2020年2月現在では)iOSのみとなっているためiphoneユーザ以外は利用できません。

コンビニ「デイリーヤマザキ」

ほとんどのコンビニでQUICPay+は導入されています。

「デイリーヤマザキ」においては各種コード決済サービスは導入されていませんが、QUICPay+が利用できるため間接的にLINEPayを利用することが可能です。

また「デイリーヤマザキ」ではLINEPayカードを使うこともできます。

ヨドバシカメラ、ビックカメラ

家電量販店のヨドバシカメラやビックカメラはQUICPay+を導入しています。

つまりLINEPayカードを登録したQUICPay+も利用できます。

ヨドバシカメラはPayPayやLINEPayなどのコード決済は一切導入されていませんので、関節的にLINEPayカードを利用できるのはメリットといえます。

またヨドバシカメラではLINEPayカードを使うこともできます。

 

おすすめの記事