LINEPay(ラインペイ)へチャージ(入金)する方法は6つ。

 

今回はLINEPayカードを使ったチャージ方法についてお話しします。

LINEPayLINEPqyカード
LINEPayカードはコード決済できるLINEPayのいわゆる物理版。

元々はLINEPayカードの方が先に世に出たサービスです。

LINEPayカードへのチャージはローソンなどの店頭で行うことができます。

インターネット上でのチャージが苦手な方や、銀行口座を持っていないかたであれば店頭でのLINEPayカードへのチャージをおすすめします。

LINEPayカードへのレジチャージは現金で行う必要があります。



LINEPayカードへレジでチャージ(入金)する方法

LINEPayカードはJCBブランドのプリベートカード。

JCBロゴ

JCBのクレジットカードが使える店であればほぼどこでも利用できる優れものです。

利用できる場所で言えばコード決済のLINEPayよりはるかに使いやすいのがLINEPayカードと言えます。

LINEPayカードの残高とLINEPay(コード決済できるもの)の残高は紐づいています。

銀行口座などでチャージしたLINEPay残高をそのままLINEPayカードで使うことも可能ですが、現金でチャージすることに抵抗がなければレジでのチャージが便利です。

LINEPayカードへのレジチャージ(スマホでの操作)

LINEPayカードへレジチャージ1
まず、スマホでLINEアプリを立ち上げ「LINEウォレット」を選択し緑色の➕マークにタッチします。

LINEPayカードへレジチャージ2
LINEPayへのチャージ方法が複数出てきますので、「LINEPqyカードレジチャージ」を選択します。

LINEPayカードへレジチャージ3
スマホの画面上にLINEPayカードレジチャージの手順が表示されます。

スマホでの操作は以上となります。

LINEPayカードへのレジチャージ(レジでの支払い)

レジでLINEPayカードを店員さんに渡してチャージしたい金額を伝えます。

あとはチャージする分の金額をレジで支払えばOK。

LINEへチャージ完了の通知が届けばLINEPayカードへのチャージが完了となります。

チャージする店によっては1,000円未満の取り扱いができない場合がありますので注意しましょう。

LINEPayカードでレジチャージする際の注意点

支払いは現金のみ

LINEPayカードへのレジチャージは現金での支払いのみ対応しています。

クレジットカードや電子マネーでの決済は対応していませんので注意してください。

LINEPayに限りませんが、電子マネー系のものへのチャージは基本的に現金になります。

ローソンでのチャージは1,000円以上

LINEPayカードへレジチャージを行うことができるのはローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、アインズ&トルペ、LIPS&HIPSのみになります。

レジチャージであれば全国展開するローソン系列が便利です。

しかし、ローソンでLINEPayカードレジチャージできるのは最低でも1,000円以上となります。

1,000円以下のチャージをLINEPaカードへ行いたいのでればLINEPayで「銀行口座」からチャージするか、アインズ&トルペ、LIPS&HIPSでチャージするしかありません。

1円単位のチャージはアインズ&トルペ、LIPS&HIPSであれば可能

ドラッグストアである「アインズ&トルペ」、化粧品販売の「LIPS&HIPS」であればLINEPayカードへの1円単位へのレジチャージが可能となります。

しかし、「アインズ&トルペ」と「LIPS&HIPS」は関東から東のエリア中心にある店舗になりますので、西日本の方には馴染みの薄い店でもあります。

LINEPayカードへ1円単位のレジチャージを行いたいが為に、西日本から東日本に移動するのは現実的ではありませんw。

LINEPayカードへのレジチャーチャージは幅広いニーズに対応しているとは言いがたいのが現状です。

↓↓応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ
にほんブログ村

おすすめの記事