自社決済「セブンペイ」がわずか2ヶ月で廃止となってしまったセブンイレブン。

セブンペイの提供に合わせて還元率が低下していたナナコポイントですが、2019年9月30日までの期間限定で還元率が1%に戻ります。

還元率の改変で200円につき1ポイントが付与されていたナナコポイントですが、100円につき1ポイントの付与となります。

2019年以降の還元率については未定です。

自社決済サービス「セブンペイ」は誕生から2ヶ月で廃止。

自社以外の決済サービスが3社合同でキャンペーンを行うという苦しい状況にあるセブンイレブン。

ナナコポイントの還元率復活で巻き返しを図りたいところですが、還元率だけ見比べると物足りなさは否めません。

セブンイレブンではLINEPay(ラインペイ)、PayPay(ペイペイ)、メルペイが導入されています。

中でもPayPayは通常の還元率は3%と驚異的な数字を誇ります。

PayPayには還元率では及ばないもののLINEPay、メルペイも頻繁にキャンペーンを行うなどしてユーザー獲得に躍起になっています。

セブンペイの失敗で失った信頼を取り戻すにはナナコポイントの還元率復活では物足りません。

セブンイレブンが、様々なコード決済キャンペーンが連発して開催されているコンビニ業界で汚点を挽回するのは至難のわざと言えるでしょう。

おすすめの記事