世間では格安SIMを提供してる会社のサービス自体を「格安スマホ」と呼ぶことがあります。

「格安スマホのメリットとは?」聞かれて「月額料金が安いよ。」と答えても会話が成立するほどです。

スマホはスマートフォン本体を指す言葉なので本来であれば「格安スマホ」は値段の安いスマートフォン本体のこと。

キャリア(docomo、au、SoftBank)で販売されるスマホにはSIMがセットになっているものがほとんどなので「スマホ」も「SIM」も同一のものとして認識された結果が「格安スマホ」=「格安SIM」なのでしょう。

この記事では世間で言われている「格安スマホ」の意味である「格安SIM」の現在のメリットデメリットについて書いていきます。

結論を簡潔にまとめると格安SIMは過去にデメリットとなっていたことが現在では解消されて、キャリアにも負けない素晴らしいサービスを提供しています。

関連記事>>>格安スマホ格安SIMのメリットデメリット

変わりつつある格安SIMのメリットデメリット

格安SIMが世間に登場した当初はメリットよりデメリットが多かったのは事実です。

過去の格安SIMのメリット

  • 月額料金が安い。
  • 契約期間の縛りがキャリアに比べて短い。
  • キャリアより分かりやすい料金プラン。

主に料金面での評価が高いのが特徴です。

過去の格安SIMのデメリット

  • キャリアメールが使えない。
  • 通信速度が不安定(キャリアより遅い)。
  • 大容量プランがない。
  • 支払いがクレジットカードのみ。
  • 音声通話プランが少ない(かけ放題がない)。
  • LINEで年齢認証(ID検索)できない。
  • デザリングできない。
  • 駆け込み寺的な店舗がない(少ない)。
  • スマホ本体はセットで安く買えない。

過去の格安SIMは、携帯電話の会社といえばキャリア(docomo,au,SoftBank)という時代背景にあってキャリアメールが使えないのは大きなデメリットとなっていました。

仕事や重要な書類などでは信頼性の高いキャリアメールでの対応を求められることが多く、キャリアメール欲しさに格安SIMへの変更をためらう人も多かったようです。

また、選べるデータ容量プランが少なく10GB以上使うようなユーザーは取り込めませんでした。

音声通話プランに関しては、LINEアプリがすでに存在していたものの、まだまだ通話をする人が多かった時代もあってかけ放題プランがない格安SIMには魅力を感じなかったのでしょう。

普及し始めたLINEでは年齢認証やID検索が必要ですが格安SIMは対応していなかったためLINEユーザーにも敬遠されました。

何かあれば駆け込み寺的に駆けこめるキャリアショップと違って格安SIMは店舗を持たなかったため、不安に思うユーザーは多かったのではないでしょうか。

格安SIMは料金面でのメリットはあったものの、料金以外の面でデメリットが多かった為なかなか普及しなかったわけです。

現在の格安SIMのメリット

  • 月額料金が安い。
  • 契約期間の縛りがキャリアに比べて短い。
  • 大容量プランに対応。
  • キャリアより分かりやすい料金プラン。
  • 一部が口座振り込みに対応。
  • 音声通話プラン、かけ放題の充実。
  • LINEモバイルによる年齢認証(ID検索)への対応。
  • デザリングへの対応。
  • 増えてきた店舗。
  • iPhone以外のスマホを安く購入できるセット販売。
  • 独自のサービスで細かいニーズに対応。

月額料金の安さに加えて大容量プランにも対応してきました。

さらにシェアプランなど家庭の状況に合わせたプランも多数取り揃えられています。

クレジットカードにしか対応していなかった支払い方法ですが、現在ではUQモバイル、楽天モバイル、OCNモバイル、(BIGLOBEモバイルはデータSIMのみ)と数社ではありますが口座振替にも対応しています。

クレジットカードを持たない方や持ちたくない方でも格安SIMを使うことができきるようになったわけです。

格安SIMは音声プランも充実してきており、5分かけ放題、10分かけ放題、完全かけ放題など使い方に合わせて契約できます。

LINEの年齢認証にはLINEモバイルが対応。

LINEをとにかくよく使う方ならLINEモバイルを選べば問題ないですね。

デザリング対応も充実してきました。

数は多くはないですが、キャリアでよくデザリングを行う方には朗報ですよね。

以前はほとんど見かけなかった実店舗も徐々に増えてきています。(都内)

イオンモバイルはイオンへ行けば対応可能。

また家電量販店の中に店舗を持つ会社も数社あります。(UQ,Ymobile、楽天)

最新のiPhoneを安く手に入れるならキャリアになりますが、iPhone以外のスマホなら格安SIMのセット販売で購入するとお得に手に入れられます。

また、古い機種のiPhoneであれば格安SIMでも取り扱いがあります。

特定のゲームをプレイすることでアイテムを手に入れることができる「LinksMate」や、プログラムへの参加で月額料金が割引になる「NifMo」など独自のサービスを展開する格安SIMも増えてきました。

自分のスマホの使い方や、生活スタイルにあったSIMを選ぶことができるようになってきているわけです。

現在の格安SIMのデメリット

  • キャリアメールが使えない。
  • 通信速度が不安定(キャリアより遅い)。

キャリアメールが使えないのは相変わらずです。

会社が違うので当然といえば当然なのですが、キャリアメールが使えないことがデメリットになるのはそろそろ終わるかもしれません。

MMD研究所 スマホメール利用

画像はMMD研究所が発表しているアンケートの結果。

スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,718人を対象にしたアンケートです。

スマホ所有者が1日に行なっているメールやメッセージの回数を聞き取りしたもの。

なんとキャリアメールを1日に送信するのが「0回」と答えた人が全体の56.8%もいたのです。

「1〜10回」が38.6%ですので4割は送信していますが半数は送信すらしていないわけです。

この結果が国民全てに当てはまる訳ではないですが、キャリアメールを使う機会が徐々に減ってきているのは間違いないと考えることもできます。

銀行での書類ではネットバンクだとキャリアメールではなくフリーアドレス(Googleが提供する無料のアドレス)のものでも問題なく口座が作れます。

現に私は楽天銀行や住信SBIネット銀行の口座作成や、入金などの手続きの連絡などは全てフリーアドレスで行えています。

国内の企業も柔軟な対応をするようになっていますので、あえてキャリアメールにこだわる必要性は薄れてきていると考えて良いでしょう。

ただし、ガラケー(フィーチャーフォン)にメールを送る際はフリーアドレスだと迷惑メール扱いになることがあります。

設定を変更すれば送受信は可能ですが、年配の方などに設定の変更をお願いするのは難しいこともありますよね。

 

通信速度が安定しないのも相変わらずですが、こればかりは仕方ありません。

格安SIMはキャリアから回線を借りて運営していますので、借りた回線のデータ容量がいっぱいになれば通信速度は落ち込みます。

どうしても通信速度の低下や不安定が許せないという方はキャリアでの契約をおすすめします。

MMD研究所 スマートフォン満足度最後にもう1つMMD研究所が発表しているアンケート結果を紹介します。

「利用しているスマホの通信会社で満足している項目」をキャリアと格安SIMに分けて表示したものです。

赤丸の部分「あてはまるものはない」がキャリアだと33.2% という結果が出ています。

つまりキャリアを使っている人のうち3割はサービス内容に満足していない訳です。

3割の方には格安SIMをおすすめします。

まとめ

過去と比べても格安SIMのサービスはかなり充実してきました。

デメリットは通信速度のみと言っても過言ではないでしょう。

独自のサービスを展開して確実にシェアを広げてきている格安SIM業界。

今後もどのようなサービスを展開していくのかが楽しみですね。

おすすめの記事