ゆうちょ銀行はLINEPay(ラインペイ)へ登録することができます。

また2020年2月からは郵便局の窓口でLINEPayを使って葉書などの購入もできます。

 

LINEPay(ラインペイ)はゆうちょ銀行口座に対応済み

LINEPayはゆうちょ銀行を登録することで、ゆうちょ銀行の口座からLINEPay残高へチャージすることができます。

銀行口座からのチャージは無料で行うことができます。

またLINEPay残高の出金口座としてゆうちょ銀行を指定することもできます。

LINEPay残高の出金には200円(税抜)の手数料が必要となります。

スマホ決済サービスではPayPayとオリガミペイもゆうちょ銀行に対応済み。

大手の銀行では三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行もLINEPayへ対応済みです。

ネット銀行では楽天銀行、ジャパンネット銀行も対応済みです。

JPバンクカードはLINEPayへ登録可能 ただしチャージは不可

ゆうちょ銀行が発行する「JPバンクカード」はLINEPayへ登録可能。

LINEPayで登録したカードはLINEが提供するサービス(LINESTORE、LINEモバイルなど)での支払いでのみ利用可能です。

実店舗での支払い(コンビニなど)ではLINEPayに登録したカードを使った決済は行えません。

また「JPバンクカード」からLINEPay残高へチャージすることはできません。

LINEPayへチャージする方法は銀行口座やコンビニでのチャージ、セブン銀行ATMでのチャージのみとなっています。

LINEPay残高へのチャージについて
  • ゆうちょ銀行からのチャージ(○)
  • 「JPバンクカード」からのチャージ(×)

2020年2月からは郵便局の窓口でLINEPayが使える

2020年2月からは主要郵便局でキャッシュレス決済が導入されます。

もちろんLINEPayも郵便局での利用が可能になります。

ただし郵便局に導入されるのはクレジットカードや電子マネー·スマホ決済のみ。

プリペイドカードであるLINEPayカードを使っての決済は行えません。

おすすめの記事